エックスサーバーの初期設定の仕方【初心者にも分かりやすく解説】

この記事では、ワードプレスを始めたばかりで右も左も分からないような初心者さんのために「エックスサーバーの使い方・エックスサーバーの設定方法」について解説します。

どんな初心者さんにも分かりやすいようにご説明しますので、最後までお付き合いください。

すでに独自ドメインを取得している前提で話を進めるので、もし「独自ドメイン持ってない!」という人は、先にご自身のドメインをご用意してください。

ドメイン会社でネームサーバーを変える

お名前.comの場合

【お名前ドットコム】にログインをし、トップ画面へ進みます。

そして幾つか用意されている項目の中から「ネームサーバーを設定する」を選んでください。

 

まずはエックスサーバーに設定したいドメインの先頭部分の箱にチェックを入れましょう。

私の状態では右側の現在のネームサーバー情報が「その他」になっていますが、この段階ではお名前.comのネームサーバーが設定されていると思います。

みなさんはここでエックスサーバーの設定にすることで、お名前.comの設定からエックスサーバーの設定(その他)に変わりますので、どうぞご安心ください。

 

下の方にスクロールしていくと、ネームサーバーの設定をする項目が現れます。

そこで「お名前.comのタブ」の右側にある「その他のタブ」をクリックしてください。

 

まずは画面左上の「その他のネームサーバーを使う」という部分にチェックを入れます。

そしてネームサーバー1、ネームサーバー2、ネームサーバー3と書かれている空欄部分にエックスサーバーの設定を入力してください。

入力する文字は以下の通りです。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

ネームサーバー3まで入力した後は、最後に入力したスペースの右側にある『+』部分をクリックすればネームサーバー4が現れるので、この流れでネームサーバー5まで入力するようにしてください。

入力し終わったら画面右下の確認ボタンを押して、これまでの設定をしっかりと反映させるようにしましょう。

これでお名前ドットコムでのネームサーバー変更は完了です。

引き続き、今度はエックスサーバーでの設定へと進んでください。

 

バリュードメインの場合

【バリュードメインのTOPページ】の画面右上にある歯車のマークが付いたコンパネから、マイページへと進みます。

 

マイページ(コントロールパネル)に来たら、メニューの一覧からドメイン→ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)へと進みましょう。

 

ここまで来るとバリュードメインで購入したドメインの一覧画面が現れるので、エックスサーバーで使用したいドメインのネームサーバーを選択します。

 

そしてお目当てのドメインのネームサーバー変更画面に着いたら、ネームサーバーの1~5を以下のように設定します。

 

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

そしたら画面下の確認ボタン(保存する)を押して、しっかりと設定を反映させます。

これでバリュードメインでのネームサーバー変更は完了です。

引き続き、今度はエックスサーバーでの設定へと進んでください。

 

エックスサーバーでの設定

ネームサーバーの変更が済んだら、今度はエックスサーバーにて「ドメイン設定→ワードプレスのインストール→SSL化」を進めていきます。

 

サーバーパネルへログインする

まずはエックスサーバーのTOPページへと進み、インフォパネルへログインします。

最終的にはサーバーパネルへと進みたいので、もしサーバーIDがお分かりなのであれば、ここから一気にサーバーパネルへと進んでも構いません。

 

前項でサーバーIDを覚えていないという方は、ここで【会員IDまたはメールアドレス】と【インフォパネルパスワード】を入力してください。

 

そしてサーバーパネルにログインします。

 

ドメイン設定をする

まずは【ドメイン設定】を行います。

 

「ドメイン設定の追加タブ」をクリックします。

 

ここにエックスサーバーで使用したいドメイン(先ほどネームサーバーを変更したドメイン)を入力し、忘れずに確認ボタンを押して反映させてください。

その後はWordPress簡単インストールへと進みます。

ドメイン名の入力部分下には、最初からチェックが入っている「無料独自SSLを利用する(推奨)」と「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」という項目がありますが、基本的にチェックを入れたままでOKです。

 

ワードプレスをインストールする

ちなみに設定が完了すると、このような画面になります。

下の方を見ると「無料独自SSLの設定に失敗しました」という少し不安な文言が書かれていますが、もしこれが表示されたとしても気にしなくてOKです。

ここまで来たら、画面左のメニューバーからWordPress簡単インストールへと進みましょう。

 

ここまで来たら、あとはもう少しです。

WordPressのインストールをクリックします。

 

ここではブログに関する幾つかの情報を設定します。

インストールURLはWWW付きにするかどうかの選択です。これまで無料ブログでブログ運営をしていて、今回ワードプレスに引っ越してきたという人の場合は、以前と同じスタイルで運営することをおすすめします。

今回初めてブログを立ち上げるという人の場合は、どちらでもいいでしょう。www付きでもwww無しでも、お好みの方をお選びください。

 

続いて「ブログ名」ですが、これは後からでも変更可能ですので、この場では適当に決めちゃってもいいかと思います。

決まっているのであればちゃんとしたブログ名を、後でじっくり考えたいという場合はドメインの名前を入れておいて後から変更するというのでも問題ありません。

 

続いてユーザー名とパスワードを決めます。

これはワードプレスの管理画面にログインするために必要な情報です。

パスワードの入力が1回しかありませんので、打ち間違いには十分に注意してください(最悪間違っても問題はありませんが、手間が増えます)。

 

最後にメールアドレスを入力します。

メールアドレスはパスワードを間違った際などに使用する用です。

全部の入力が終わったら、最下部の確認ボタンを押して反映させましょう。

「キャッシュ自動削除」と「データベース」はそのままの状態でOKです。
ここまでの全ての設定が無事に終わっていれば、インストール済みのWordPressの一覧からダッシュボード(ワードプレスの管理画面)へと進めます。
ここまでの流れがスムーズ過ぎたりすると、ドメイン会社の方でネームサーバーの変更が完了していなかったりして、ログインできない可能性もあるので注意してください。
ネームサーバーの変更は最大で2日ほどかかることもあると言われており、不安がってあれこれ手を出してしまうのが1番良くないので、腰を据えてじっと待つことをおすすめします。

最後に

エックスサーバーにおけるワードプレスの設定は、ハッキリ言ってメチャクチャ簡単です。
私も初めてのサーバーはエックスサーバーで始めましたが、その後で2つ目のサーバーを契約した際、エックスサーバーのあまりにもの使いやすさに慣れていたので、すごく悪戦苦闘したのを覚えています。
みなさんもぜひワードプレスを使いこなして、素敵なブログ・サイトを作っていってください。