エックスドメイン無料サーバーの初期設定の仕方【初心者にも分かりやすく解説】

この記事では、ワードプレスを始めたばかりで右も左も分からないような初心者さんのために「エックスドメインの無料サーバーの使い方・初期設定方法」について解説します。

どんな初心者さんにも分かりやすいようにご説明しますので、最後までお付き合いください。

すでに独自ドメインを取得している前提で話を進めるので、もし「独自ドメイン持ってない!」という人は、先にご自身のドメインをご用意してください。

ドメイン会社でネームサーバーを変える

お名前.comの場合

【お名前ドットコム】にログインをし、トップ画面へ進みます。

そして幾つか用意されている項目の中から「ネームサーバーを設定する」を選んでください。

 

まずはエックスサーバーに設定したいドメインの先頭部分の箱にチェックを入れましょう。

私の状態では右側の現在のネームサーバー情報が「その他」になっていますが、この段階ではお名前.comのネームサーバーが設定されていると思います。

みなさんはここでエックスサーバーの設定にすることで、お名前.comの設定からエックスサーバーの設定(その他)に変わりますので、どうぞご安心ください。

 

下の方にスクロールしていくと、ネームサーバーの設定をする項目が現れます。

そこで「お名前.comのタブ」の右側にある「その他のタブ」をクリックしてください。

 

まずは画面左上の「その他のネームサーバーを使う」という部分にチェックを入れます。

そしてネームサーバー1、ネームサーバー2、ネームサーバー3と書かれている空欄部分にエックスドメインサーバーの設定を入力してください。

入力する文字は以下の通りです。

ネームサーバー1 ns1.xdomain.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.xdomain.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.xdomain.ne.jp

入力し終わったら画面右下の確認ボタンを押して、これまでの設定をしっかりと反映させるようにしましょう。

これでお名前ドットコムでのネームサーバー変更は完了です。

引き続き、今度はエックスドメインサーバーでの設定へと進んでください。

 

バリュードメインの場合

【バリュードメインのTOPページ】の画面右上にある歯車のマークが付いたコンパネから、マイページへと進みます。

 

マイページ(コントロールパネル)に来たら、メニューの一覧からドメイン→ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)へと進みましょう。

 

ここまで来るとバリュードメインで購入したドメインの一覧画面が現れるので、エックスドメインサーバーで使用したいドメインのネームサーバーを選択します。

 

そしてお目当てのドメインのネームサーバー変更画面に着いたら、ネームサーバーの1~3を以下のように設定します。

(4以降も入力されている場合は削除でOKです)

 

ネームサーバー1 ns1.xdomain.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.xdomain.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.xdomain.ne.jp

そしたら画面下の確認ボタン(保存する)を押して、しっかりと設定を反映させます。

これでバリュードメインでのネームサーバー変更は完了です。

引き続き、今度はエックスサーバーでの設定へと進んでください。

 

エックスドメインサーバーでの設定

無料レンタルサーバーに申し込む

まずはエックスドメインのTOPページへと移動し、左側メニューにある「無料レンタルサーバーお申し込み」から先へと進みます。

 

初めて利用するという場合は左側を。

もし「エックスドメインでドメイン自体は取得したことがある」という人なら会員登録自体は済んでいるので、以前に設定した情報を使ってログインしてください。

初めての場合は、メールアドレスを登録することによって会員登録できるようになります。

 

ドメイン設定をする

会員登録が済んだら、管理パネルへとログインしましょう。

 

管理パネルでは上記画面(左側のメニューの無料レンタルサーバーから)を開いてください。

初めての場合はWordPress部分も「利用を開始する」になっていると思いますので、そこから利用を開始し、WordPressの管理パネルにログインしましょう。

 

管理画面はこんな感じです。自分が登録しているドメインの一覧や現在の使用量などの情報が確認できます。

新たにドメインを登録する場合は、左側のメニュー「ドメイン管理>ドメイン設定の追加」へと進んでください。

 

ここからエックスドメインサーバーに追加したいドメインを登録します。

まずはドメイン設定追加のタブをクリック。

 

エックスドメインで取得したドメインを使用する場合は、左の「Xdomain管理のドメインを追加する>」を。

他のドメイン会社(お名前.com)とかで取得したドメインを使用する場合は、右の「他社管理のドメインを追加する>」を選択してください。

私は現時点ではエックスドメインで独自ドメインを取得したことがないので、ここでは他社管理のドメインについて解説していきます。

 

ドメインを登録します。

例えばhogehoge.netという独自ドメインを取得したとすれば、ドメイン名の左側の箱部分にhogehogeと入力し、右側の箱部分から.netを選択してください。

そして、この独自ドメインがあなたの物であることの認証を行うのですが、ネームサーバーの変更(ns1.xdomain.ne.jp~ns3.xdomain.ne.jpを設定したやつ)が済んでいる場合は、デフォのwho is 認証のままでOKです。

ドメイン名を間違いなく入力したら、下部の「ドメインの追加(確認)」をクリックしましょう。

次の画面で「ドメインの追加(確定)」をクリックすれば、ドメインの設定自体は完了です。

 

WordPressのインストール

ドメインの登録が済んだら、いよいよWordPressのインストールです。

左側のメニューから「WordPress管理>新規インストール」へと進むと、上記画像のような画面に移行します。

サイトアドレスには自分が使用したいドメインを入力していきますが、先ほど登録した「hogehoge.net」を登録する場合は、右側の▼から登録済みのドメインを引っ張ってくることができるので、左側の箱は空欄のまま先に進めばOKです。

WWWなどを使用して運用したいという場合は、左側の箱にwwwと入力しましょう。

 

②はワードプレスの編集画面にログインする場合のIDです。

他のサーバーではアンダーバーなんかも使用できたと思うのですが、ここではアンダーバーは使用不可でしたので、もしアンダーバーを使用したいという方がいたらご注意ください。

 

③のブログタイトルは、そのドメインで運営するブログのタイトルですが、後からでも十分に変更可能な部分なので、この時点では特に気にする必要はありません。

④メールアドレスも何かあった時の連絡用なので、普段から使用しているメールアドレスを登録しておけばいいでしょう。

全ての入力が終わったら、次へと進んで登録を確定させてください。

 

最終的にはこのような画面になります。

少し時間を置いてからでないとワードプレスにログインすることはできません。

そしてワードプレスにログインする際のパスワードは、ランダム生成された文字列になっている点について注意してください。

 

時間が経ったらログインできるようになるので、あとはサイトを作っていきましょう。

お疲れさまでした。

 

最後に

無料で使用できるサーバーということで、ワードプレス初心者のうちは使えるサービスじゃないかと思います。

ここでブログをやりながら、本命のサーバーが「初期費用半額!」などのキャンペーンが始まったタイミングで引っ越しするというのもありですね。

いずれにしても性能自体は無料の物なので、本気でブログ運営・サイト運営していきたいという場合の使用はおすすめできませんが、サテライトサイト用や日記用、アクセスを集める目的がないという場合は、非常に使い勝手の良い無料サーバーです。

ぜひ、使用してみてください。