IQサーバーの使い方・メリット・初期設定方法【IP分散サーバー】

この記事では、IP分散がしたいという中級者以上の方に向けて「IQサーバーの使い方・IQサーバーの設定方法」について解説します。

初心者の方でIP分散がしたいという方はそんなにいないと思いますが、設定方法に関しては初心者が挑戦してもできるように解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

すでに独自ドメインを取得している前提で話を進めるので、もし「独自ドメイン持ってない!」という人は、先にご自身のドメインをご用意してください。

IQサーバーとは?

まずは簡単に「IQサーバーがどんなサーバーなのか」について説明します。IQサーバーとはIP分散レンタルサーバーであり、国内バージョンと国外バージョンが存在するレンタルサーバーです。

国内版ならIP1つにつき324円(税抜き)、国外版ならIP1つにつき139円(税込み)となっており、最低10IPからの契約となります。初期費用はどちらも無料です。

 

IP分散サーバーは利用しているというアフィリエイターも多く、リンクを送って自身のサイトを上位表示させるなどのテクニカルな部分(ブラックSEOと呼ばれたりもします)で使用されることが多いですね。

逆に「ブラックSEO以外の面で利用するメリットってあるのだろうか?」とも思いますが、私はブラックSEOに挑戦するにあたって、まずはIQサーバーを試してみました。

 

IQサーバーの特徴(メリット・デメリット)

  • 契約単位が10IPからなので、IP分散を体験してみるのに最適
  • 管理画面が分かりやすく、上級者でなくても使いやすい
  • 表示速度が遅く、メインサイトとしては使いにくい
  • 一般的なサーバーに比べると維持費が高い

私が思うところのIQサーバーのメリット・デメリットを簡単にまとめました。

IP分散という大きなメリットがあるので、4つ目の「維持費が高い」という部分に関しては仕方ないでしょう。

それ以外の3項目について、少し解説していきたいと思います。

 

IP分散を体験するのに最適

誰しも初心者を経て今があります。

ゴリゴリのブラックSEOで稼いでいる人は、今でこそ大量のIPを駆使してSEO対策しているかもしれませんが、最初は「本当にIP分散で稼げるようになるのだろうか/稼げるまでは、できるだけ出費を抑えたい」という気持ちが強かったはずです。

 

実際にIP分散サーバーを探せば分かりますが、他にも金額的に安い分散サーバーは幾つか存在します。

しかし管理画面が分かりにくかったり、設定が難しかったり…。あとは最低契約IP数が30や50からだったりして、ブラックSEOに興味を持ち始めたという人が手を出すのには若干リスキーな判断になるのではないでしょうか。

 

IQサーバーなら10IPの契約から使用できますし、海外サーバーなら139円(税抜き)×10=1390円で1ヶ月から使用できるので、ブラックSEOの入り口としては最適だと思います。

 

管理画面が分かりやすい

上記画像が実際のIQサーバーの管理画面です。

分かりやすい・分かりにくいというのは主観になってしまうのですが、個人的には「SSL化がワンタッチ/運営に質問した際の対応が良い」という部分で高評価しています。

 

ブラックな手法はなかなか表に出てこないので、IP分散サーバーの使い方などを丁寧に解説してくれているサイトはほとんど無いと思います。

じゃあ行き詰まった時にどうするかというと、自分で何とかするしかありません。

そんな時にヘルプに書かれている解説が丁寧だったり、運営のレスポンスが早かったり、あとは直感的に見て「これをこうすれば…」と試しやすいのがIQサーバーと言っていいでしょう。

 

私は幾つかのIP分散サーバーを体験してきましたが、直感的な使いやすさは間違いなくIQサーバーがピカイチだと思いました。

 

表示速度が遅く、メインサイトとしては使いにくい

基本的にIP分散サーバーそのものがそうだと思いますが、表示速度は遅く、個人的には「こんなにラグがあるなら、メインサイトとして使おうとは思わない」というのが正直な感想です。

 

ちなみに私は国内と国外、更には同サービス内のクイッカサーバーも同時に利用していますが、国内だからと言って早いということはありません。

むしろ個人的な体感で言うと「IQサーバーの場合は、国外IPよりも国内IPの方が遅さが気になる」という感じです。

 

多くの人は「リンクを送るためだけのサテライトサイトとして利用したい」と考えていると思うので、表示速度云々はそこまで関係ないと思いますが、お世辞にも速度は速いとは言えないので注意しましょう。

※最初から遅いと思っていれば、実際に使った時に「案外早いじゃん」と思うだけの速度はあると思います。

 

IQサーバーの申し込み方

まずは【IQサーバー】に移動します。

最初は10日間のお試し体験ができるので、TOPページの「お申込みはコチラ」をクリック。

 

するとIDの作成画面に移行するので、新規IDを発行しましょう。既にクイッカサーバーを使用していてIDを所有しているという場合は、この限りではありません。

IDはFacebookやGoogle、Yahooなどのアカウントを使用することも可能ですし、メールアドレスを使って完全に新規から作成することも可能です。お好みに合わせて選んでみてください。

 

IQサーバーの初期設定方法

IQサーバーにてドメインを入力する

まずはIQサーバーにて、使用したいIP部分にドメイン設定を行います。

上記画像はIQサーバーの国内バージョンですが、この1番下部分に新たに独自ドメインを設定していきたいと思います。

※基本的には国内版も海外版も一緒です。

 

まずはドメインというボタンをクリックすると、ドメイン設定の項目がスライドして表示されるようになります。

そして変更後のドメインという部分に、設定したい独自ドメインを入力してください。それが終わったら左下の「上記の内容で変更」のボタンをクリックして、設定を反映させましょう。

 

IQサーバーの設定画面にてDNSサーバー情報を確認する

続いて、新しく反映されたばかりのドメインの欄にあるDNSのボタンをクリックすると、DNSサーバー情報が展開されます。

この4つの項目を、各ドメイン取得業者のDNSの項目に入力してください。

 

【お名前.comならここ】

 

【バリュードメインならここ】

 

設定予定の独自ドメインにワードプレスを設置する

ネームサーバーが反映されるまではある程度の時間が必要なので、同時にワードプレスの設置やSSL化も一緒に行ってしまいましょう。

 

先ほどの設定画面へと戻り、今度はCMSのボタンをクリックします。

すると上記画像のような画面になるので、CMSはWordPress(ワードプレスのサイトを立ち上げる場合)、アップロードディレクトはノータッチでOKです(私は空欄で立ち上げていますが、詳しい人は色々調整してみてください)。

 

そして左下のアップロードのボタンをクリックすれば完了です。

あとは時間が経過するのを待ちます。準備が整ったら、上記画像で言うところの左上のドメイン名をクリックすればワードプレスの立ち上げ画面になるので、そうなるまで気長に待ちましょう。

SSL化したいという場合は、併せて右上のSSLというボタンもクリックしておくことをおすすめします。

※状況やタイミングにもよりますが数時間かかるケースも多いので、私の場合は夜寝る前に仕込んでおいて、翌日になってから引き続き作業をすることが多いです。

ワードプレスの初期設定

準備が整ったら、IQサーバーの管理画面のドメイン名をクリックすると、上記画像のような画面に移行します。

左下の「さあ、始めましょう!」から先へと進んでください。

 


続いて「データベース名/ユーザー名/パスワード/データベースのホスト名/テーブル接頭辞」を入力します。

ここで入力するデータベース名やユーザー名は自身で決めるものではなく、IQサーバー側から付与されるものになります。

 

お馴染みのドメイン一覧画面にて、DBのボタンをクリックすると「MySql接続情報」が表示されます。

ここからデータベース名、ユーザー名、パスワードを引用し、データベースのホスト名の部分にデータベースサーバーを入力しましょう。

テーブル接頭辞はこのままで問題ありません。

 

そしてようやく、ここからワードプレスの管理画面にログインするためのユーザー名やパスワードを入力します。

必要事項を入力して最下部の「WordPressをインストール」を押せば、ワードプレスユーザーなら馴染みのある画面に到達できるでしょう。

IQサーバー側でSSL化を設定済みなら、ワードプレスの管理画面にて設定>一般のWordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)のhttpをhttpsに変更すればOKです。

 

最後に

IQサーバーは実際に使ってみるとわかりますが、IP分散に挑戦してみたいというアフィリエイターにとって非常に扱いやすいサーバーだと思います。

最初は通常のレンタルサーバーと比べて月々の維持費が気になるものの、管理しているドメイン数が増えていったときに「このIPからこのIPに対してリンク〇〇本は多いかな?」というような不安を感じる必要はないので、管理が圧倒的に楽なのがいいんですよね。

 

IQサーバーなら10IPから契約できますし、初期費用も取られないのでまずは1ヶ月からの利用も可能です。

ブラックSEOに興味を持っている方は百聞は一見に如かず、ぜひご自身の目や手でもって挑戦してみることをおすすめします。

 

IQサーバー公式サイトを見てみる